Music

Opening Theme「Flowery Song」
汪 東城
作詞:小佐野 彈 作曲:TAKUYA 
編曲:TAKUYA

 

◆Profile

汪 東城

俳優、プロデューサー、作家、声優など、マルチに活躍しているアーティスト。飛輪海のメンバーの一人として、音楽業界デビュー。

2005年、台湾ドラマ『KO One~終極一班~』の主人公である汪大東役を演じることでブレイク。その後、台湾ドラマ版『イタズラなKiss』や『花ざかりの君たちへ』で役者としての地位を築き上げた。『KO One~終極一班~』シリーズは、中国の動画サイトで、総計30億近くのPV数を記録し、大好評を得る。

2014年、台湾ドラマ『超級☆大英雄~遥かなる時空を超えて』のプロデューサー兼役者を務め、多彩な才能を発揮。

2015~2016年には、芸能プロダクションを設立。『ちびまる子ちゃん』の台湾地域での独占ライセンシー権を獲得する。台湾実写版『ちびまる子ちゃん』で花輪和彦役を演じ、『ちびまる子ちゃん~イタリアから来た少年~』の広東語吹替を担当。声優としての才能も発揮する。ハリウッド映画にも出演し、数多くの映画やドラマ、バラエティ番組にも出演し、人気を不動のものとする。

また、俳優だけでなく、アーティストとしても活動している。

2013年には、東京・大阪及び中国の北京・深センにて、アジアライブツアーを開催し、大成功を収める。

2017年、歌手・大黒摩季と協力し、アニメ『マスターオブスキル』スペシャル版OP曲を担当。数多くのCMソングを担当しつつ、イメージキャラクターも務める。

2018年、アニメ『Phantom in the Twilight』の中華圏イメージキャラクターとして、中国語版と日本語版の主題曲を歌う。アニメや漫画など、サブカルチャーにも精通し、コスプレをした写真がSNSで話題となる。

2010年には、著作『VAN GOGH AND ME/ALL ABOUT JIRO』を出版し、作家としても活動している。また、本人がデザインしたLINEスタンプも配信されており、俳優、アーティストだけにはとどまらない、マルチな才能を発揮し、今後更に、活躍の場が広がるだろう。

Ending Theme「HOME」
May'n

<DVD付限定盤>

<通常盤>

New Single「天使よ故郷を聞け」収録
2018年8月8日 (水)発売

【DVD付限定盤】
VTZL-146
¥2,000(税抜)

【通常盤】
VTCL-35281
¥1,400(税抜)

CD収録曲【限定盤・通常盤共通】

  1. 天使よ故郷を聞け
    作詞:岩里祐穂 作曲:TOMOYA / KENT(SALTY DOG)  編曲:CHOKKAKU
  2. HOME(TVアニメ「Phantom in the Twilight」エンディングテーマ)
    作詞:中嶋ユキノ 作曲:渡辺翔 編曲:南田健吾
  3. タイトル未定
  4. HOME中国語Ver. 作詞:中嶋ユキノ 中国語訳詞:koshin 作曲:渡辺翔 編曲:南田健吾
  5. 天使よ故郷を聞け(without May’n)
  6. HOME(without May’n)
  7. タイトル未定(without May’n)

DVD収録曲【限定盤】

※限定盤のDVDのみ、スマホやPCで簡単に再生できるプレイパス対応。
■天使よ故郷を聞け Music Video

◆Profile

May’n

アーティスト名”May’n(メイン)”は本名から由来している以外にいつも本人が胸に秘めている『みんなのメインテーマになる曲を歌っていきたい』という思いが込められている。

2003年ホリプロタレントスカウトキャラバン”ラブ・ミュージックオーディション”にてファイナリストとなったのをきっかけに2005年若干15歳にしてメジャーデビュー。POPSからROCK、DANCE、R&Bと幅広く歌いこなす実力派女性歌手。

2008年以降数多くのTVアニメ、ドラマ、映画、ゲームの主題歌を担当しトップチャート入りを果たしている。

また、日本武道館や横浜アリーナにて5度に渡り単独公演を開催する傍ら、2010年からは世界ツアーも開催。全世界でのライブ総本数は現在に至るまで実に70本にも登り、単独公演はサンフランシスコ、ロサンゼルス、フランス、ドイツ、韓国、上海、杭州、成都、広州、台湾、香港、マレーシア、シンガポール、インドネシア等14都市にて開催、また海外フェスでの大トリを7か国9カ所で務めている。

”May’n”名義になり10年を迎える2018年春、全国5都市にてMay’n Hall Tour2818を開催、更に夏には追加公演として初の野外コンサートを日比谷野外大音楽堂にて開催する。

その傍ら、2018年10月からは世界初のミュージカル化として話題の、黒澤明没後20年記念作品ミュージカル「生きる」にヒロインとして抜擢されるなど活動の幅を広げている。その圧倒的な歌唱力と伸びのあるハイトーンヴォイスで国内外を問わず人々を魅了し続けている。
【公式サイト】

http://mayn.jp/